hideyukiblog | 夏に向けて、人それぞれに似合う体型ついて
15432
post-template-default,single,single-post,postid-15432,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

夏に向けて、人それぞれに似合う体型ついて

夏に向けて、人それぞれに似合う体型ついて

今から筋トレをやる予定です。

一緒にやる人を待っている間に少し書いてみることにしました。

 

5月にはいって暑くなりはじめて夏を意識しだした方も多いのではないでしょうか。

夏といえば薄着になります。

体型を変えるとなれば今からはじまることをお勧めします。

 

 

 

「でもー筋トレしたらムキムキになる」

いや、なりません。

イメージしてるムキムキなボディビルダーさんらは、

鬼のようなトレーニングと食事管理と、

そのための栄養学や解剖学から

精神面から全てに妥協なく数年もかけて築き上げています。

現に女性が憧れるモデルさんたちももれなくトレーニングしてますしね。

 

「腹筋を割りたい〜」

自分は全然割れてないんですが、腹筋はもともと構造上割れてます。

脂肪などのおにくさんがそのまわりにあるので見えてないんですよね。

腹筋割りたいからこの器具で!なんていう通販は基本的にパチもんです。

ちょっとそういったことを知っだけで、いかに怪しい商品が多いかに気づかされます。

ちなみに、体の外側から脂肪がなくなっていきますので、

お腹とお尻あたりのおにくが一番最後まで残ります。

腕がものすごく太くて、体がガリガリの人が実際いないように。

腹筋が割れている人はかなり行き届いた食事管理やライフスタイルをされているのでしょう。

 

ただーし。

割れてればいいってわけでもない。と自分は考えます。

一番大事なのは本人にとって好きな体型でライフスタイルをしているか、

その体型がその人に似合っているかどうか。が大事だと学びました。

最高のパフォーマンスを発揮する必要のあるスポーツ選手や格闘家でも

腹筋が綺麗にわれているわけではありません。

 

といいますのも筋トレを始めた初期の減量していたころ

会う人会う人に太ったといわれ、

大学生時代体重60キロに戻すのが自分の目標でありました。

ただ、ある日インストラクターさんと自分の理想的な体重について話ていたころ

「65キロぐらいだと思いますよ」と助言をいただいたのにものすごい衝撃を受けた。

とっくに65キロは切っていいたため、まだこれから追い込みをかけようとしていた自分にとっては理解できなかったのです。

話の続きは

「今行っている筋トレの量や、顔とか性格のバランスなどを考えると

細い体よりも少し筋肉がついた体の方が似合いますよ。」

とのことでした。

当時の自分は痩せている=無駄な贅肉がなくて良い

と考えていましたが、たしかに、顔や性格が違って

趣味趣向やファッションも違うように

人それぞれに似合う体型って違って当たり前やな。

と考えるようになりました。

ですので極端な話。綺麗に太っている人も本人が良いと思っていてハリがあるなどして似合っていれば、

それはそれで適正な体型ではないか。とも思うわけです。

 

ですので、メディアや商品によってストイックにやっているバキバキな人に目を奪われがちですが、

比較によってだけでなく、自分の個性にあった体型をお気に入りの服を選ぶように考えてみて、

食事制限だけでなく、体の形作りに筋トレをまぜていかれるのが良いとおもいます!!