hideyukiblog | 今年で3年目。でも年にスネ高1〜2回の未だ初心者サーフィン。anycaもつこたでの回
15450
post-template-default,single,single-post,postid-15450,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

今年で3年目。でも年にスネ高1〜2回の未だ初心者サーフィン。anycaもつこたでの回

今年で3年目。でも年にスネ高1〜2回の未だ初心者サーフィン。anycaもつこたでの回

最近はとても涼しいですね!

前回も話した熱も下がったため、

気温の異常上昇ではなかったことにも気づけました。

8月9月も全然戦えそうな気がします。

 

良くなかった体調が元に戻るだけで異常にパワーがみなぎってくる感じがしますね。

二日酔いのあとでも感じることができますが。

気分は高校生です。あちょー!

そんな勢いで日記は幼児レベルでいきます。

 

今回のお題に触れる前に、

今日お会いした方との内容を少しだけ、

小さいころはいつも遊ぶ時は悪役を買って出てくださって、

幼馴染と二人がかりで倒しにいってもぎたぎたに叩きのめしつつやりすぎないよう手加減もして遊んでくれ、

自分たちにとっては全力を出し切れる最高の悪役をしてくださった方でした。

今思い出してもあのボス敵(役)(ドラクエ)飛びかかろうとしても躊躇してしまう緊張感は絶妙でした。

今は国際安全に関わる仕事をされています。

どんな紹介やねん。

ご本人に影響のない範囲でいうと、

現在世界的にも有名な紛争地において邦人の安全確保や避難経路などの調整などをされておられ、

現地駐在から日本に帰国したものの日本人の危機意識やテロに対しての基礎知識のなさに危機感を感じ、

興味のある人や企業や学校にてそんな自らの体験と最低限の情報を伝えていきたいとお考えの方です。

自分とはもともと個人的な繋がりがある方ではありますが、

 

バングラディッシュやインドネシアなどのアジア圏でのテロや、

ヨーロッパなどの多発するテロの実態について現場のお話しがきける機会をいただいたので、

お話しを伺いました。

重要な点はテロを避けることと。テロなど事件に遭遇した場合の対処法。

かと思います。(なぜそれが重要かの説明ももらえます)

海外に出る方は知っていて決して損はない情報だと思いました。

自分のまわりで良い意味で若さを武器に海外で戦う人や、

経営者の方でも海外進出をする上で派遣する従業員の方にも最低限伝えておくべき情報だと思います。

それほどマナーとか常識に位置する情報だと感じたのですが、

旅行やビジネスの場合それぞれに夢中になって、安全についてはふと優先順位を落としがちになるもの、

経験としてわかります。。

ご本人の意志もあって場さえあればぜひ伺いたいとお考えなので、

もしご興味があればお繋ぎしますのでご連絡ください。

自分が知る限りでもよく海外に行ってらっしゃる方にはお声がけさせていただくことがあるかもしれません。

自分が参加している時点ある程度のカジュアルさは保障できるかと。

 

引き続き日常の些事を記していきます。

内容はありません。

さっきの話について触れてみて思い出していろいろ思うところあったのですが、

またの機会にしたいと思います。

 

ちょっと前に今年初めてのサーフィンにいきました。

写真は今回行った和歌山の磯ノ浦です。

かれこれ3年目になります。

が、

年に1〜2回なので毎回ド初心者の気分で楽しめます。

波の高さを体の位置で表すのですが、昨年から2〜3回ほどスネくらいです。

足の位置からスネほどの高さの波です。そうです。

乗るのも難しいほど低い波なのです。

 

サーフィンエリアで経験者の多い人混みだと、

波に神経を尖がらせるうえに、波がこないので苛立ちがわかるのですが、

自分たちはそんなにこだわりはないので、

人混みを離れて手で漕ぐパドリングの練習をしたり、

ずっとしゃべっては笑いこけてました。

天気も良く、波に乗れたのは2、3回しかありませんでしたが十分楽しめました。

 

んで、今回初めてAnycaを使いましたよ。

人ん家の車を借りるサービスです。

興味はあったんですけど、

やはり安全性などを考えると個人間ではない方が良いのかなーとか思いながらも、

ちかくのレンタカーが借りたい日の予約がいっぱいだったため、

anycaを使ってみることにしました。

家から一番近く価格を安く設定してる車で、駅からも近くアクセスも便利でした。

緊張の持ち主との対面もとても気さくな方で、簡単な説明を終えてお互いの合意が取れれば、鍵をもらいます。

「ん、もうこれ乗ってええの」と思いました。

その時にはもう持ち主はその場にはおらず友人と車だけ、

よくレンタカーで行う署名など書類のやりとりはアプリ上で済ませるために鍵の受け渡しと簡単な説明ができれば、

車のある現場について5分もかからずに借りることができました。

初回なので、他の場所ではそうはいかないのかもしれませんが。

レンタルの契約や決済は全てスマホアプリで行っているために、その中に車の保険なども含まれます。

綺麗すぎなかったため本当に良い意味で神経質になりすぎずに、気軽に車に乗ることができました。

携帯充電器などのツールなどもあり、個人で使っているからこその便利さもそこかしこにありました。

帰りはガソリンスタンドで満タンにして返します。

失敗としてはETCカードを抜き忘れたために帰ったあとも再度取りにいくことなりました。

乗る前の説明でもそういうことがあったと聞いてましたので、

きっと旅先の疲れや、自分の車のように使える面、つい忘れてしまう方もいるのかなと思います。

気軽さと便利さとリーズナブルな点でどれも魅力を感じたのでまた使う予定です。

乗り合いが増えると交通費が分散できるので仲間募集中です。

 

いっぺんは海が荒れてるときに行ってみたいすねー。

あとは猟もやってみたいす。