hideyukiblog | よく聞かれるトレーニング時の回数やセット数について
15803
post-template-default,single,single-post,postid-15803,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

よく聞かれるトレーニング時の回数やセット数について

よく聞かれるトレーニング時の回数やセット数について

 

 

今日は日曜日なんでジムで

トレーニングする人も多いかな。

自分がいた時人気なんは土曜。トレーニングも終わって明日もまだ休みあるし!て感じ。

ほんでぼけーっとただ突っ立ってて、初めての人が来た時や声をかけられてマシーンの簡単な説明をしてる時によく聞かれたのが

「何回やればいいんですか?」

の質問。いつも答えていたのは自分が教わったのはとことわりを入れつつ。

「1セットにつき15回。重さとしては10回以上できて15回できるかできないくらい。それを3回かそれ以上が基本です。」

自分は多くの人がセット数や回数の真面目な縛りに囚われているのが面白くなくないので、その後もヒントにしてもらえるように理由も付け加える。

理由はトレーニングの基本のき。に体への「刺激」を与えてることが目的にある。ただそれだけ。

そして狙ったところに刺激が入るようにフォームを作る必要があるんやけれど、15回というのがなかなか秀逸で、やってもらうとすぐにわかると思うんやけれど、1〜3回目くらいまでは「こんなんでええの」くらい軽すぎるように感じる。そして10回目頃から止めどきを考え出して15回頃にはそこがぱんぱんになってくる。それくらいの数をこなせる重りというのはしっかりと可動域の広さを保ち、反復運動をより理想的なフォームで繰り返せるようになっている。

さらに1分から90秒ほど間を置いて息が整うころに、次のセットへ、すると1セット目より2セット目、2セット目より3セット目と刺激が強くなる。この3セット目の刺激は1セット目ではいれることができない。その後に修復すると今日来た時よりその部位が体の原理を利用して補強される仕組み。

「マシーン」を動かす人って結構いるんやけれど、それよりも大事なのは「自分」がどのように動いてどこに刺激をいれるか。

10回ができなければその重りは重すぎで、15回以上が悠々とできると軽すぎるので、自分で探してみる。そしてセットによって疲労が変わることもあると思うので都度適切な重りに変える。

ちなみに適切なフォームというのは奥が深く、ボディビルダーやパワーリフターまた何年もこなし続ける仙人レベルの人でも常にそれを探してる。

 

その上で回数について自分の考えを言っておくと。

 

自分は1回でも良いと思っている。「適当」に「好き」なようにやれば良い。という考え。

上のやり方はめちゃめちゃ効果的やし。基礎を身につける意味でもトレーニングが体型作りの場合にも大事。

ただ自分の場合トレーニングは健康のためやストレス発散などおもろさや爽快感を求めているので15回は少し退屈に感じる。

刺激ってことでいえば0よりも多ければ良いと思ってるので、トレーニングルームにきてなにかちょっとやるだけで来ない人より健康になりやすいと考えている。

それぞれの目的の他に、マラソンなどの長距離系が好きとか短距離が良いとか、楽しみ方はそれぞれ違う。

回数や重りの選び方でもまた目的を変えられる自由さがトレーニングにおける自分との向き合い方があって面白いのやけれど、「答え」を人に求めることはあるとして、「それに縛られる」日本人の真面目さというか、修行感というか苦行感というか。

修行感や苦行感が面白いという人もいるのでそれはそれで良いかとw

教科書をなぞるのをやめて今日は何回でやってみよとか、”自分に合った”やり方を見つけたり探したりすると勝手にやりたくなってくるかも!!!

 

興味があってもできてない人は機会があれば一緒に:)