Skip to main content
coding

CSVとTSV

By 2021年4月13日No Comments

カンマ(Comma Separated Value)で区切ってるのがcsv

タブ(Tab Separated Value)で区切ってるのがtsv

CSV(Comma Separated Values / カンマ区切り値)とは、半角カンマ(,)の記号を使ってデータの構成要素単位(フィールド)の区切りを示すデータ形式です。ファイル形式でもあり、拡張子には「.csv」が用いられます。読み方はシーエスブイ。
CSVは、表計算ソフトやデータベースソフトを使ったデータ管理に適したファイル形式です。その特徴は、ファイル自体がテキスト形式で構成・保存されている(テキストファイルとして扱える)という点に尽きます。

表計算ソフトやデータベースソフトでは、データを扱う領域が縦(列)と横(行)で構成され、方眼紙のように分割されています。このため、列ごと・行ごとに項目数を集計したり、数値を合計したり、といった計算処理に適しています。ただし、ファイル形式はアプリケーションソフトごとにまちまちで、互換性が確保されないという問題がつきまといます。ファイル形式に対応しないソフトウェアでは開けません。

CSVと並んで「TSV」もテキストファイルとして扱えるデータベース向けのファイル形式です。CSVはカンマ区切りとして使用しますが、TSVでは制御文字であるタブTab)を使用して区切りに用います。

参考元「csvとは何」:https://www.weblio.jp/content/CSV