hideyukiblog | セミナー開催告知:3月2日海外事業実施上のテロ・騒擾リスクと対策措置
15567
post-template-default,single,single-post,postid-15567,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,columns-4,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

セミナー開催告知:3月2日海外事業実施上のテロ・騒擾リスクと対策措置

セミナー開催告知:3月2日海外事業実施上のテロ・騒擾リスクと対策措置

海外事業を運営される方、海外進出を計画されておられる経営者やスタートアップの方々、学会や出張でビジネス用途で海外にでられる方及びその関係者の方。他、旅行などで個人的によく海外にでられる方にぜひご紹介したい内容です。
「海外テロの安全管理」についてセミナーを3月2日18:30~より東京で行うことにいたしました。

開催経緯について触れさせていただきますと講師は尾崎さんを迎え、独立行政法人国際協力機構(JICA)にて昨今の国際紛争の中心地ともいえるパキスタンに赴任し、パキスタン・アフガニスタンにて、日本人駐在員の国外避難経路などを含めた安全確保を担当し、昨年より東京本部にて海外安全管理を担当しておられます。
尾崎さんは帰国後に一度お会いした時に、海外で赴任してから日本のテロ意識の低さに危機感を覚える。というお話で内容を実情を伺うと「これは前提として知っておくべき情報だな」ということと、私を含め多くの人が知らずにいることや、知らずに暮らせる日本の安全さもまた、海外進出時の大きなリスクになると感じました。
その内容はリスクとは何か、という日本人の多くの方がしらない大前提から、テロの遭遇確率や遭遇時の被害を低減する方法がすぐに実践できるものでもいくつもあります。
・遭遇確率の低減
理不尽で突発性があり全く防ぎようのないと思えるテロ犯罪も。「テロ組織はどういった場所を狙うか」ということから避ける場所が知る前と知ったあととでは差が出てきます。
「どこが危険か」を情報収集するその方法について
など、全く防ぎようのないものだとおもっていたものも遭遇の可能性を自らの努力によって少なからずも減らせる方法があります。
・遭遇時の被害を低減
それでも実際に現場に遭遇してしまった時の対処方について、例えば銃声がどこでなったかわからないが聞こえた場合の時のするべき行動。など
尾崎さんは実務経験の他にも世界銀行及びUNHCR e-center主催の実践的安全対策研修を修了しておられ、人命の関わる重大・重要は話ですが私にもわかりやすくお話しをしてくださいました。海外事業の重要性やチャンスをビジネスの観点では事欠かないほどに多くの方が言及されていますが、同時につきまとう人命リスクについての対処を、皆様にも是非、そのご家族のためにも共有させて頂きたいと考え開催する運びとなりました。(私のまわりのスタートアップの方は特にそういった準備をしたくともできない環境におられるかと存じます。)開催場所もできるだけ皆様がご来場いただきやすいように東京駅が最寄り徒歩4分の会場をご用意しました。
ぜひ、こちらをご覧になられた皆様のご参加をお待ちしております。またお知り合いに海外へよく出られる方などへもシェア・共有をいただきますと幸いです。

 

日時:3月2日18時半
会場:東京都千代田区丸の内1丁目1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階 セミナールームI
ご参加頂いた方にとって有益なセミナーとなると信じております。

どうぞよろしくお願い致します。